VIO脱毛は終わればとても快適である!

脱毛部位のなかでも、VIO脱毛は脱毛をしている最中が結構大変な脱毛だと思いました。とはいっても、脱毛施術そのものを受けている最中という意味合いではないですよ。「ひとつの部位の脱毛が完了するまでの間」という意味です。

腕や脚やなんならワキだって、プツプツと生えていてもまあ他人の目を気にしないのでしたらたいして問題ではないでしょう。多少プツプツと生えていても不快感はないですからね。

しかしアンダーヘアーに関しては違いますからね。パンツの中の場所によっては、プツプツと生えている状態によっては、パンツを履いている時に、なかなかの不快感を感じることがありますから。というか私はありました。

そしてそのような状態の時。もう一度具体的に言えば「VIO脱毛の途中段階でプツプツとムダ毛がまだらに生えている状態の時」の対策としては、ノーパンです。家にいる時に限られることでしょうけれど、VIO脱毛完了前の状態の不快感には、ノーパンで乾燥させておくことで、大分快適になりますから。

ですからVIOは乗り切れないことはないのですよ。途中で快感を感じることはあっても、VIO脱毛が終われば生理中の蒸れからも解放されますし快適生活というものです。ただ、途中段階では少し我慢が必要なこともありますけれど。

VIO

VIO脱毛の面積も形も自分で設計できる!?

VIO脱毛のなかでもビキニラインの脱毛でよく悩みとしてあがってくるものはと言えば、「つるつるにしてしまったら、色々と気になってしまうんじゃない?」ということでしょうか。たとえば温泉に入る時なんか。

けれどもまあ気にしなければいいだけの話ですよ。とは解決にならないでしょうから、自分の経験からも言いますけれど、ビキニラインはちょっとでも残しておけばあまり気にはなりませんよ。

結局「他人からどうみられている」ということが自分自身で気にしてしまっているだけですから、「多少ある」ということだけでも「気にしない」という心理状態につながりますからね。実際に、少しでもビキニラインの毛があれば他人の目はとくに気にならなくなりますからね。要は「自分の気の持ちようでしょ」と思いますので。

それに、そもそもビキニラインの形は自分で決められますからね。どんな形にするのかも脱毛クリニックのスタッフと相談して決めることができますから。自分で決められない時は、クリニックのスタッフさんがどのような形のアンダーヘアーがいいのかを提示してくれますしね。細かい注文だって受け付けてくれますから。

ですからVIO脱毛、つまりアンダーヘアーの脱毛に関する知識なく医療脱毛クリニックに出かけても、わりとなんとかなったりするものです。

VIO